自宅トレーニングは1日どのくらいの時間行うべきか、ご存知でしょうか?

1日どれくらいの時間を運動に割くか

時間を測っている砂時計

 

自宅トレーニングを始めると意気込んだはいいものの「何をどれくらいやれば良いのかわからない!」と、いきなり壁を感じるケースも珍しくありません。
なぜなら一般的にはトレーニングのし過ぎも、時間が空きすぎても良くないと言われるからです。

 

実はトレーニング時間には目安があります。
運動習慣をつけたいのか、はたまた本格的な肉体改造を実現するレベルでダイエットに挑むのか…。

 

目的に応じて費やす時間は増減しますが、まずは“30分”を目安に挑戦してみましょう。

 

合計30分が1つの目標

まずは「30分」の時間設定で運動することがおすすめです。
これはトレーニングの世界の常識として“20分以上の運動”を行わなければ、脂肪燃焼効果が得られないと言われているからです。

 

かといって、学生を卒業してから全く運動してこなかった大人だと、腕立て伏せ10回を1セットこなすだけでも息が上がるほど苦しいです。

 

同時に、1日の合計で30分の運動を行えば良いという研究結果を覚えておきましょう。

朝昼晩忘れずにたった10分の運動を実現するだけで、理想のボディに近づけるのです。

 

目的に応じて種目と時間を増やす

1日30分の運動でも、それまでの生活と比べれば大きな変化が見受けられます。
仮に、本格的な脂肪燃焼を確固とした目標とする場合は、30分の運動(筋トレ)に加えて有酸素運動を20分程度取り入れるようにしましょう。

 

有酸素運動とは、ウォーキングや軽いジョギングのような運動を指します。
ハードなトレーニングは筋肉を大きくしますが、即効的な脂肪燃焼効果が得られません。

 

激しいトレーニングの後にしっかりと仕上げの緩やかな有酸素運動を取り入れることで、高いダイエット効果が得られます。

 

運動の基本原則は「しないよりする方が良い」ですが、私たちが理想の体を手に入れるためには更に一歩踏み込んで「追い込むなら、たくさんトレーニングするほうが良い」という意識を持つべきであるというのがトレンドです。

 

毎日しなければ効果はないのか

サイズを計っている男性

 

筋トレは毎日する必要はありません。
というのも、睡眠は筋肉が回復するかけがえのない時間であり、厳しいトレーニングをすればするほどたくさん寝て筋肉を回復させた方が良いからです。

 

初心者の目安としては多くても週5回、忙しい時期でも週3回はトレーニングに時間を割くことで、少しずつ効果が現れてきます。

 

時間帯は夕方から夜あたりがオススメ

運動時間を確保できれば時間帯は大きく影響しませんが、柔軟に対応できるならば“夕方~夜”あたりの運動がおすすめです。

 

この時間帯に運動をすれば、夜寝るまでの間に緩やかな疲労感と体温の変化を実現できるため、運動効果だけでなく睡眠の質まで改善できるメリットあります。

 

まずは運動をするタイミングを作る

1日の運動時間は合計して30分程度で良いのですが、たまに運動する程度では効果が出ません。

 

まずは週に3~5回は継続できるような時間を作りましょう。
長い目で見てしっかりと続けられるような運動が最も大切なのではないでしょうか。